ドローン許可申請

ドローンに関するご相談から、許可申請まで担当行政書士がお客様本位の書類作成を実施しております。

ドローン許可申請

ドローン許可申請の判断目安

以下をクリックして、質問に「はい」「いいえ」でお答えください。

 

Start

私有地ですか?

 

 

はいいいえ

Question

空港から10km以内ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

道路上で飛ばしますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

国または自治体が管理する河川上ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

条例等でドローンの飛行が禁止されていますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

ドローンの飛行が禁止されている河川ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

人混み、または家屋の密集地ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

飛行計画上、高度150mを超えますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

日中の飛行ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

目視の範囲内での飛行ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

飛行ルート周辺30m以内に人または物件がありますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

物件は関係者または、関係者の所有物ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

催事が行われている場所の上空ですか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

催事主催者の許可を得ていますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

危険物の輸送に使用しますか?

 

 

はいいいえ戻る

Question

物品の投下を行いますか?

 

 

はいいいえ戻る

Answer

管轄の 警察に相談 してください

 

 

Start に戻る

Answer

まずは 自治体に相談 してください

 

 

Start に戻る

Answer

× ドローンの飛行は不可能です

 

 

Start に戻る

Answer

無人航空機の飛行に関する「許可申請」を行います
三宅行政書士にご相談を!

Start に戻る

Answer

無人航空機の飛行に関する「承認申請」を行います
三宅行政書士にご相談を!

Start に戻る

Answer

無申請で飛行可能です

 

 

Start に戻る

ドローン許可申請とは

三宅行政書士事務所では、地方航空局・空港事務所へのドローン・ラジコン飛行許可、承認申請の書類の作成、申請代行を承ります。

ドローンの飛行には、ルールがあります。法律、ルールに違反してドローンを飛行させた場合、空撮映像が使用できなくなったり、ドローンを活用したイベントが中止になることもあります。

弊所では、ドローンに関するご相談から、許可申請まで担当行政書士がお客様本位の書類作成を実施しております。お気軽にご相談ください。

航空法で規制される無人航空機とは

構造上人が乗ることができないもので、遠隔操作や自動操縦により飛行させることができるもので、重量が200グラム以上のものをいいます。

具体的には、ドローン(マルチコプター)、ラジコン、農薬散布用ヘリコプターなどが該当します

ドローン飛行の基礎

飛行が禁止されている3つの空域

  • 空港等の周辺の空域
    空港等の周辺に設定されている進入表面等については、弊所で確認しますのでご相談ください。

  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域

  • 人又は家屋の密集している地域の上空
    平成27年の国勢調査の結果による人口集中地区については、弊所で確認しますのでご相談ください。

注意事項以上の空域でドローンを飛ばす場合は、地方航空局長の許可が必要です!

承認が必要な6つの飛行方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守る必要があります。

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと
  • 無人航空機から物を投下しないこと

注意事項このルールを逸脱した飛行をしたい場合は、地方航空局長の承認が必要です。

国交省HPはこちら

報酬額

基本報酬

包括申請(個人のお客様) 8万円~
包括申請(法人のお客様)
(機体3機、操縦者5名以内)
13万円~
時間と場所を指定した個別申請(個人のお客様) 7万円~
時間と場所を指定した個別申請(法人のお客様)
(機体3機、操縦者5名以内)
12万円~

オプション

1年間包括申請の3ヵ月毎の実績報告サポート +2万円
国土交通省の標準マニュアル以外による申請 +¥3万円
空港周辺での飛行 +¥3万円/1か所
高度150m以上での飛行 +¥3万円/1か所
ドローンによる農薬散布 +¥5万円~
DJI社以外の機体での許可取得 +¥2万円/1機
操縦者の追加  +¥5千円/1人当たり
機体の追加 +¥5千円/1機当たり

弊所にて包括申請をご依頼いただくお客様へ

同一条件での包括申請更新の場合(個人のお客様) 5万円~
同一条件での包括申請更新の場合(法人のお客様) ¥10万円~

 

注意事項上記費用のほか、印紙代等についてはお客様のご負担になります。